ダイエットのためのウォーキングのコツ

 ウォーキングは誰でも手軽にできるダイエット運動として人気がありますが、より脂肪燃焼効果をアップさせるためのコツはあるのでしょうか。

 ダイエット効率の高いウォーキングを行いたいのであれば、姿勢は正し、腕は大きく振るといいでしょうたるみ気味の二の腕を何とかしたいという女性は多いですがウォーキングで腕を振ることがコツになります。

 肘を90度に曲げて、手はにぎり、腕を左右交互になるよう前後に振れば、二の腕が引き締まります。

 ウォーキング時には、足の曲げ伸ばしを意識することもコツです。

 足の筋肉を伸縮させながら動かすことで血液の巡りがよくなりますし、歩幅を保ってのウォーキングになります。

 ウォーキングダイエットのときは、かかとから着地することが大切です。

 足で大地をつかむようなイメージで重心を移動し、しっかり大地を蹴って次の一歩を踏み出します。

 両足をきちんと地面につけながらのウォーキングをしましょう。

 一歩一歩が広くなるよう意識することで、ウォーキングの効果がアップします。

 股関節の運動効果で、血液が流れやすくなるためです。

 ダイエット効果の高いウォーキングをするためには、リンパ腺の巡りをよくすることが重要になります。

 ウォーキング時に心がけることは、全身の筋肉をよく動かすこと、酸素を体内にたっぷり取り入れること、いい姿勢を保つこと等になります。

 ウォーキング中は水分をしっかりと摂り、汗をかくことを意識してよりダイエット効果をアップさせましょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial