ウォーキングからジョギングによるダイエットへ

 運動不足がたたり体のあちこちが痛み出し、整体やら整骨やら整形外科やらにかかる時期があり、流石にこんな事ではいけないと思うようになりました。

 ウォーキングをスタートさせたのはその頃で、下半身を強化し、痛みを解消するため、ストレッチやエクササイズと共にしていました。

 初めのうちは、1時間くらいを費やして3㎞程度のウォーキングょしました。

 膝や腰を痛めないように、ゆるやかなペースで行います。

 坐骨神経痛もありますから、姿勢や歩き方にも注意をはらいながらゆっくりとしたペースのウォーキングです。

 何㎞のウォーキングをすると、どのくらいのカロリー消費が行われているのかを、webサイトで確認しました。

 徐々にウォーキングの距離を伸ばすようになりましたが、その影には、カロリー計算サイトがわかりやすかったことがあります。

 無理しないが合言葉でしたが、今日はおにぎり1個分歩いたとか思うと、ついつい距離もスピードも上がり、9キロほどを2時間程で歩けるようになっていました。

 おにぎり2個半の運動を続けているうちに、体内に蓄積されていた脂肪が減って、ダイエットができていました。

 腹式呼吸をしながら歩くことでお腹の周囲もしっかり細くなり、膝や股関節は痛みを感じなくなり、腰の痛みが少し出る程度になりました。

 ウォーキングによるダイエットに体が慣れてきたので、ある日思い切ってゆっくりとしたペースですが、ジョギングに切り替えてみました。

 日常生活の中で走ることはほとんどなくなっていましたが、ウォーキングで体をならしていたことが功を奏したのか、ジョギングをしても体調を崩すことはありませんでした。

 ジョギングとウォーキングの最大の違いは走っている時の早さですが、スピードを出して走ることは気持ちよく、さわやかな気持ちになりました。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial