メタボ対策に効果的な生活習慣の改善

 どんな状態の人をメタボリックシンドロームというかは、厚生労働省によって定義されています。

 女性は、腹まわりの大きさが90㎝より大きいことが内臓脂肪がある状態で、メタボリックシンドロームの基準になります。

 腹囲が基準値を超えており、内臓脂肪が多いと判断された人のうち、血圧、空腹時血糖、中性脂肪のいずれか2つを規定値を超えていた場合、メタボリックシンドロームと診断されます。

 体重だけがメタボの問題点ではなく、メタボとは内臓脂肪が多すぎて、心臓にかかる負担が大きく、心筋梗塞や動脈硬化など命を脅かす可能性がある症状です。

 運動不足と、カロリー過多な食生活が、メタボリックシンドロームになる大きな要因として、取り上げられています。

 たとえ、日々の仕事が立て込んでいる人でも、家のことが大変で自由な時間が極端に少ない人でも、体のためには20分くらいは歩く時間をつくることが大事です。

 高血圧や、高血糖の原因に、食事の偏りがあります。

 特に肉や油ものを好んで食べている人は、血圧や血中脂質に気をつける必要があります。

 ダイエットを成功させ、メタボを脱却するには、野菜をメインとした食事にすることです。

 夜中にたくさんものを食べる習慣があると、1日で使い切れなかったカロリーが体内に留まり、体脂肪として蓄積される原因になってしまいます。

 酒やたばこは、お腹のでっぱりが気になっている人は使用をやめましょう。

 メタボの背景には、アルコール摂取や喫煙があります。

 食事を健康的なものにした場合でも、お酒やたばこはダイエット効果を打ち消してしまいます。

 食事や運動など、メタボになった理由を解明することで、メタボ解消のダイエットで手がけるべきことがわかります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial